マウスガードの必要性

マウスガードは大切なお子様を守ります!!

マウスガード=マウスピースとも呼ばれています。clip_image002ui

マウスガードは外からの顎と口のまわりへの衝撃をやわらげ、歯の破折や、顎の骨折、口の周囲の軟組織のケガを防止するもので、脳震盪(のうしんとう)の予防にもなります。


ぜひ、ぴったり合った
違和感の少ないマウスガードを作りましょう
市販のものもありますが、歯医者さんにて型をとって精密に作るのが1番安全です。

歯医者さんと市販のマウスガード…何が違うの?

■歯医者さんで作ったマウスガード
 スポーツの種類あるいは目的によって使い分けをします。


 
シート 1枚

(比較的コンタクトの弱いスポーツ用)

clip_image002ao 

院長作成


 

シート 2枚

(コンタクトスポーツで、指示を出したりする必要があるスポーツ用)

clip_image002mido 

院長作成

 

シート 3枚

(口周囲に強い打撃を受けるボクシングのようなスポーツ用)

clip_image002aka

院長作成

 


■市販のマウスガード

スポーツ用品店などで販売されているマウスガード

clip_image002tuke

clip_image002akete

口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節(がくかんせつ)を痛めるなど、かえって危険なことがあります。

市販はなぜダメ?

国体連続出場していたボクシング選手は

市販のマウスガードを使用していました。

市販(左)clip_image002chigai院長作成(右)

比較してみましょう。大きさに注目してください!!

市販のマウスガードの問題点は上の写真でも分かるように、

×合っていない為に、ケガの予防の効果が少ないので、衝撃力が倍以上違います


×すぐに落ちてしまうので、プレーに集中できません。


×常に噛んでいないといけないので、あごが疲れます。


×あごの関節の病気=顎関節症になりやすい。


×話しづらい


×呼吸がしづらい

 

マウスガードの効果は、装着する人にぴったりあった歯医者さんで作る精密なマウスガードでしか効果は発揮できません。

マウスガードはどうやって作るの?

マウスガードを作るために、来院していただく回数はたったの2回です。
 

@お口の歯型をとります。
 

A歯型をとって1週間後、マウスガードを装着します。とっても簡単です

 

予約病院についてのお問い合わせ

089-976-1148

ご相談歯についてのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

いつでもご連絡くださいね

 

マウスガードの効果

マウスガードにはすごい効果があります。

これは歯医者で作ったぴったりしたマウスガードを使用した時です。

 

■お口のケガの予防

外から受ける、歯、あごやお口の周りへの衝撃を吸収し、ケガを防ぎ、また自分の歯で口の中を切ったり相手をケガさせてしまったりすることも防ぎます。

歯は、1度折れると神経が死んで変色したり、また根っこから折れた場合は抜かなければいけません。

 

■脳震盪(のうしんとう)の予防

あごに加わった衝撃が、顎関節や頭蓋骨に伝わるのをマウスガードが吸収してくれる効果があります。

マウスガードを正しく噛み合わせる事で、頭頸部の筋活動がアップして頭部が固定され、脳が揺れるのを防ぐ効果が期待できます。

 

■あごの骨折予防

マウスガードがクッションになってくれる効果や、歯との噛み合わせている接触面積が広がることにより、衝撃が分散され、顎関節の保護や骨折の予防にもつながります。


■運動パフォーマンスの向上

衝撃を受けないスポーツでも、マウスガードを装着することによって、正しい噛み合わせの位置が保たれるため、体のバランス感覚が向上する人もいます。
人は、自分のバランスの歪みを目や耳などを使って、気付かないうちに補正しています。

ずれている噛み合わせや、悪い歯ならびをマウスガードで補正することによって、体に かかっていた余分な負担をなくし、運動能力が伸びたり、故障が少なくなったりする効果も期待できます。


■筋力アップ

ボクシングを行なっている高校生にマウスガードを装着した時としない時の背筋力と握力を測定すると、個人差はありますが、マウスガードを装着した時の方がよい結果が出る人が多かったというデーターがあります。

 

■その他

体のバランスが修正されたりする事もあります。

 

院長は今までにボクシング、野球、バレー、ラグビー、ボート選手など数多くマウスガードを入れております。

              

マウスガードがおすすめのスポーツ

マウスガードが推奨されるスポーツ

球技・団体競技系
アメリカンフットボール        
ラグビー(
マウスガードが義務化されています)
アイスホッケー(アイスホッケーの名門元国土の選手も装着していました)
インラインホッケー
フィールドホッケー
バスケットボール
ラクロス(松山大学女子ラクロス部に装着しました)
サッカー(シドニーオリンピックの時、オーストラリアのサッカー選手が全員着用し、優勝
ハンドボール
水球
競技綱引き
野球(現在横浜ベイスターズの主軸打者村田選手が着用しています)
ゴルフ(一時期尾崎選手が着用していました)
ソフトボール
バレーボール
テニス
卓球
車椅子バスケット
アイススレッジ
フロアボール
クリケット
フットサル     など

 

 

格闘技・武道系
ボクシング 
キックボクシング
空手  
総合格闘技
修斗
テコンドー
柔道
相撲(一時期引退した曙が着用していました) 
プロレス
拳法(日本拳法や少林寺拳法ではグローブをつけて打撃を行うので、ぜひ必要と思われます。院長の経験もあり、あごの痛みで口が開きづらいなどの障害も起きています)
剣道
K−1
レスリング
柔術
サンボ     など


個人競技系
ウェイトリフティング
ジェットスキー
ボディビル
競艇
自転車競技
競馬
オートレース
スノーボード(最近競技に出場する選手に増えています)
スケートボード
フィギュアスケート
スキー
スピードスケート
乗馬
馬術
サーフィン
ハンマー投げ
砲丸投げ
やり投げ
スカイダイビング
ボーリング
マウンテンバイク
モトクロス
トライアスロン
陸上(女子棒高跳びの種目で着用し、新潟県で優勝した選手がいます)
ボート(成績アップの経験があります)
スカッシュ
トランポリン
腕相撲
射撃
アーチェリー
体操
アクロバット
Xスポーツ
弓道(姿勢やバランスが必要な種目にも有効なことがあります)

 

jl,km.bmp 

沢歯科はぴかぴか(新しい)愛媛FCぴかぴか(新しい)

応援しています手(グー)わーい(嬉しい顔)黒ハート黒ハート