いびきって?

睡眠呼吸障害のひとつで、人によって原因は違います。

 肥満

 扁桃腺が大きい

 上気道の筋力低下    などがあげられます。

 

いびきは空気の通る道(=気道)の粘膜が振動している音。

寝ている間は舌を支える筋力がゆるみ、下あごが落ち気道が狭くなります。

仰向けになると重力で舌の肉が落ち、さらに気道を塞いでしまうのです。

 気道の確保こそいびきの解消につながります。

ただのいびきと侮ってはいけません!!

 

 

いびき中...呼吸が止まった

それは無呼吸症候群のサイン

空気の通る道(=気道)が完全に塞がって一時的に呼吸が止まることが1時間に5回以上あらわれる状態をいいます。

 

無呼吸症候群は軽度〜重度までありますが、診察を受けると意外にも症状が重い場合もあります。

仰向けに寝たり、枕を無くしたりという防止策もありますが、あくまでも一時的な方法でしかありません。

 

 

あなたは無呼吸症候群?

いびきをかいているのは眠りが浅い証拠。

常に脳が覚めている状態なので、さまざまな障害が起こります。

 

こんな症状に身に覚えありませんかチェックしてみましょう。

  朝起きると口がガラガラ

  朝起きると頭が痛い

  昼間眠気に襲われる

  夜中によくトイレに行く

  仕事の効率が悪く、何度もミスをする

 

いかがでしたかチェックした数が多ければ多いほど、無呼吸症候群の可能性が高いです。

 

 

早く治して!無呼吸症候群

生命をもおびやかす無呼吸症候群。

無呼吸中は血液に酸素が行き渡らず、これが繰り返し起こることで

高血圧・糖尿病などの生活習慣病

動脈硬化

脳卒中

などの病気にも多く密接があるのです。

 

また睡眠中に突然死になるリスクも高く、あなたの寿命を縮めることにもなります。

 

 

歯医者さんでどんな治療?

IMG_1851.JPGまず、主治医の先生からの紹介状が必要となります。

歯医者さんではその人に合った歯の形でスリープスプリントというマウスガードを作ります。

 

睡眠中、下あごが落ちて気道が狭くならないように、マウスガードで固定する治療法です。効果は90%以上すぐ実感できます。IMG_1856.JPG

日々の睡眠で悩んでいる方にオススメです

 

予約病院についてのお問い合わせ

089-976-1148

ご相談歯についてのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

いつでもご連絡くださいね

 

 

jl,km.bmp 

沢歯科はぴかぴか(新しい)愛媛FCぴかぴか(新しい)

応援しています手(グー)わーい(嬉しい顔)黒ハート黒ハート