2013/07/01

歯列とう蝕の管理について講演を聞いてきました!!

晴れ6月22日(土)・23日(日)の2日間、

川崎市で開業されている 須貝 昭弘 先生 をお招きし、

『医院全体で子供たちの歯や歯列をまもるという講演を聞いてきましたわーい(嬉しい顔)

 

土曜日は時計2時間、日曜日は時計4時間、し〜っかりと勉強してきましたよるんるん


歯列に関してはドクターの仕事病院であり、5つの成長ステージ

(乳歯時期、6歳臼歯萌出期、上下切歯交換期、奥歯交換期、第二臼歯萌出期)に分け、

現れてくる異常をいち早く見つけ出し、それに対応していくのが重要手(グー)わーい(嬉しい顔)


異常が確認された場合は目将来の歯列不正の予防の為に、

なるべくそのステージで正常な状態に戻すキスマークぴかぴか(新しい)


ただ不正咬合の原因によっては、ホームドクターが手がけていいものと、

矯正専門医に任せるべきものがあるため、その原因をしっかり見極めることが大切であると強調されましたわーい(嬉しい顔)

 

わかりやすく、丁寧な講演でかかりつけ医として日常臨床におけるヒントをいくつも教えてくださいましたー(長音記号1)犬


jl,km.bmp 

沢歯科はぴかぴか(新しい)愛媛FCぴかぴか(新しい)

応援しています手(グー)わーい(嬉しい顔)黒ハート黒ハート